完母でなければならないプレッシャーの気苦労が多かった人達の声

特に一人目を出産し育児をすると

必要以上に自分子を大切に育てなきゃという心理的なプレッシャーがすごいようです。

その一つが絶対に母乳で育てきるという完母信仰主義。

別に悪い事ではありませんが、時にそれにとらわれすぎてママの気苦労が耐えないこともすくなくありません。

 

そんな気苦労でシンドイ思いをした二人のママさんの体験談。

いかにフラットな気持ちで楽しく育児ができるか

今後の参考になるのではないでしょうか。

 

母乳育児のアドバイスで何がいいのかわからなくなるのが辛い

母乳育児で一番大変なのは、過ぎてみて冷静になった今考えてみると、

「とらわれてしまうこと」

だったと思います。

 

特に第一子では、この子を少しでも健康に育てなければ、きちんと子どものためになることをしなければという責任感がとても強くて、ついつい完璧主義に傾いてしまいました。

うちの子は乳頭混乱があり、産後2ヶ月くらいまで直接母乳を飲むことが難しかったのでら赤ちゃんはほっといてもゴクゴク飲むというイメージでいた私はパニックになってしまい、毎日搾乳機でとって哺乳瓶であたえながら、並行して直接授乳の練習もするというハードな日々にノイローゼ気味になってしまいました。

 

周りの声もとても辛く、親や親戚、知らない人にまで母乳のことをアレコレ尋ねられたり聞いていないのにアドバイスされたり時には否定されるようなこともあって、何を信じていいのかわからなくなり、夜中に寝ないでスマホで検索しまくって答えを探すような毎日で、辛くて仕方がなかったです。

そのうち自然に飲めるようになったので、もっと流れに任せて楽をしてもよかったなと、今になって思います。

 

完母なりの苦労は思い出すだけでも大変だった

産まれてから卒乳するまで完全母乳で育てたのですが、その為に大変な事もありました。

やはり、他の人に代わりにミルクを飲ませてもらうという事が出来なかったのが一番大変でした。

我が子に母乳をあげれるというとても幸せな反面、常に授乳を意識した生活を送っていました。

 

まだ子供が幼い頃に友人の結婚式に参列した際は、控室で祖母と待機してもらい式が盛り上がっている最中でも何度も控室に足を運んでドレスを脱いで母乳をあげて、またドレスを着て会場へ戻るの繰り返しをする事もありました。

 

また、私が体調を崩して高熱が出てしまった時にも子供には母乳を与えていましたので強い薬は飲めませんでしたし、体力が落ちているところ母乳で子供に栄養を与えて貧血にもなり意識朦朧とする事もありました。

 

なるべく搾乳をして冷凍して、予備を用意していましたがなるべく新しいものをあげたいので常に沢山ストックをしておく事は難しかったように思います。

 

母乳をあげやすい体勢が母子ともにあり、どうしても片側のおっぱいから母乳をあげる事が多いと、途中でもう片方のおっぱいにチェンジしても赤ちゃんが途中で寝てしまったりして飲む量が異なり、そうするとおっぱいのバランスが崩れてしまうので、毎回最初に授乳するおっぱいを変更してどちらのおっぱいからも均等に母乳を飲んでもらえるように工夫しました。

 

それは、おっぱいだけじゃなく、身体のバランスも悪くならずに済んだように感じます。

母乳が出すぎるのも困りものお風呂で搾ることもあって大変です

こちらでは二人の母乳が出すぎて困ったママさんの体験談を紹介します。

母乳がいっぱい出るなんて羨ましい!

そう思うのが普通ですが、出すぎも困りものなのです。

 

特に胸が張って痛いのとさらに乳腺炎のリスクもあること。

お出かけしても母乳が溢れるとどうしようという心配もあります。

 

そんな苦労されたママさんの赤裸々体験をみてみましょう。

母乳少ないほうがいいのかなぁともちょっと思ってしまうから不思議です。

 

胸が小さくても母乳は溢れるほど出ました

もともと胸は小さく、母乳が出るのかとても心配していました。

しかしその心配とは裏腹に、子供を産んだとたん、胸はパンパンに膨らみ母乳はとめどなく出ました。

子供に母乳を飲ませても、胸は母乳でパンパンで毎回絞って捨てていました。

絞っても絞ってっも母乳は出続け、胸の痛みでまともに寝ることもできませんでした。

氷枕を脇に挟んで寝ることもありました。搾乳器を看護師さんから勧められましたが、搾乳器を使うとかえって刺激してしまい、胸が張りました。

退院してお風呂に入るようになったときは、お風呂に入っている間胸が温められてずっと母乳が出ていました。

母乳用のパットもすぐにぼとぼとになってしまうため一日何回も交換しました。始めの頃は出過ぎる母乳のことばかり考えてノイローゼ気味でしたが、2、3ヶ月もすると少しずつ慣れてきて、出てもいいかとあまり考えないようになりました。

子供は日一日と成長しそんなことを考えている余裕もなくなってきます。子供はあまりによく出る母乳のためすくすくと育ちました。

 

母乳が出すぎるのはミルク育児の方がいいかなぁと思えるほど

母乳がたまり、胸が痛くなったり、母乳が止まらず大変でした。

外出するとなかなか母乳をあげられる場所がなく、車の室内を全部毛布などで被って、赤ちゃんに母乳をあげたりしていました。

外出も大変ですが、普段の育児も休める時間が全くなく、赤ちゃんが泣いておきて、母乳のたまりで胸の痛みで起きたりすることもありとても寝不足でした。

ミルクを作ることに比べれば哺乳瓶もいらないし、適温にするなどの手間はなくその部分では楽でしたが、ミルクのほうが良かったとすら思わせるほど辛かった記憶があります。

赤ちゃん自身も全部飲んでくれるわけではないので、一人でお風呂場で母乳を出し切ってしまうこともありました。

詰まったり乳線炎が怖いので出来るだけ出し切ってしまうことにしていましたが、出し切るとまた母乳ができてくるため痛いの繰り返しだったのがとても大変だった記憶があります。

母乳を哺乳瓶に入れ主人に飲ませてもらったりして、少し楽をしたりもしていました。

完母なりにしんどいことをまとめました。

二人の完母達成者の体験談を紹介します。

なにかしら理由が無ければ母乳で育てたい!

と思うのがママの心情ではないでしょうか。

 

完全母乳で育てられるんだからさぞ苦労はないんだろうな。

とおもいきや色々苦労は耐えません。

そんな二人の苦労した点について紹介します。

 

一般的ではあるけどやっぱり効果があった母乳対策

生後間も無くの母乳育児が一番大変な時期でした。赤ちゃんが吸うことで、乳首は切れてきて血が出ました。

赤ちゃんの口に入ってもよい馬油を乳首に塗ってもまた触れることでひび割れ、かさぶたができの繰り返しでした。繰り返し馬油を塗ることでなんとかやり越せました。

私は母乳の出があまりよくはありませんでしたが、生後間も無くはミルクを足すこと前提に赤ちゃんによく吸ってもらう、私自身の水分摂取をよく取ることを心がけました。1日2リットルを摂取することで母乳の出が良くなってきたように感じました。

たんぽぽ茶などの母乳を増やす飲み物をよく飲むと無事に増えてくれました。

関連記事:母乳を増やす飲み物で劇的に改善できました

母乳が順調に作られ始めると今度は胸の張りがひどくなり、熱を持ってとても痛くなってきました。

赤ちゃんに吸ってもらうと張りは和らぐのですが、すぐに痛くなります。

アイスノンで熱を持っている場所を冷やしすぎない程度に当たると痛みが和らぎます。

そして搾乳することで溜まっていた母乳をすっきりだし、また作られるという過程が順調に作られていき困ることはなくなりました。

 

完母なりのつらい2つの苦悩

母や、義姉、仲の良い友達など自分の周りが母乳で育てていたことや、出産した病院も母乳育児をすすめていたので、自然と母乳育児をするようになりました。

幸い出産直後から母乳の出も良かったこともあります。母乳育児はミルクを用意する手間がありませんから、その点はとても楽でした。泣いたら、服をまくって乳を出せばいいのですから。

ただ、大変だったのは
・乳の詰まり
・自分が体調を崩したとき
です。

 

まず、乳の詰まり。これは人によるみたいですが、私のおっぱいは非常に詰まりやすく、詰まるともうカチカチになって、それはそれは痛い!!

詰まった乳腺が開通するように、一日に何回も自分でマッサージしたり

「なんとかこの痛みをとりたい!」

と毎日必死でした。

結局、子どもに飲んでもらうのが一番なんですが、寝ていたり、飲んでもらっても詰まりがとれないことも多かったです。

 

脂っこい食事をすると特に詰まるので、和食中心の食生活にし、大好きなスイーツもあまり食べられなかったのも辛かった。産後8ヶ月~1年ぐらいで母乳の分泌も落ち着いたのか詰まることも徐々に少なくなり、好きなものも食べられるようになりました。

 

次に、自分が体調を崩したとき。風邪や胃腸炎になったことがあったのですが、母乳をあげているので、薬が飲めない。

薬を飲んでる間だけミルクにしようと思ったのですが、日頃から母乳しかあげてなかったからか、ミルクは全然飲まなくなってしまっていました。

なので、病院の先生にもなるべく母乳に影響のない薬を処方してもらえるよう頼みましたが

「100%安全とは保証できない」

とか言われてしまい。(先生もトラブルを避けるため、そう言わなきゃいけないのかも知れませんが。)

結局薬を飲むのが躊躇われたり、薬飲んだのに授乳するとこに恐怖感を感じたり(それでも授乳したけど)したのが大変でした。

卒乳された先輩ママの当時の母乳育児の大変さやアドバイス

母乳育児を終えた先輩ママさんの体験談。

今思えばこうやってれば良かったとか、あれは大変だったなぁという思い出。

このような体験談は、これから母乳育児に望むママにとっては貴重な情報ですよね。

少しでも情報を仕入れて、楽しい母乳育児の参考になさってはどうでしょうか。

 

試行錯誤の連続の母乳育児

沢山母乳が出る体質だったので母乳が出ない悩みは全くありませんでした。

しかし、長女が生まれたときは全てが初めてだったので上手く母乳を飲ませてあげることもげっぷをさせることもできないことが多く母乳を飲んですぐにすべて吐き出してしまうことも

そのため、夜中に何度も授乳をして吐かれてしまうと寝不足と疲れ、シーツを替えたり長女の着替えをさせたりと精神的にも体力的にもとにかく大変でした。

 

初めての育児はわからないことだらけだったので授乳パットなどを着けずに寝てしまい授乳していたら夜中に母乳が出すぎてしまいシーツやパジャマが母乳でびちゃびちゃになってしまった失敗も

で、それからは夜用のブラジャーを着けて母乳パッドも使ったり大き目のタオルを自分の胸の上に置いて寝ると万が一、母乳が漏れてしまったり寝返りしてもシーツやパジャマが塗れてしまうことがなくなったので助かりました。

ただ、それでも寝不足の中、夜中にシーツを替えたり吐いた娘のお世話と着替えは今思えばなんてことはない事でしたが当時は大変だと思った事しか覚えていません。

 

哺乳瓶に慣れさせるのも育児のテク

初めから順調に母乳が出ていたので、完全母乳で育てました。哺乳瓶の消毒などもする必要もなく、母乳が出た事はとてもありがたかったです。

1ヶ月過ぎた頃から、母乳をあげるときに痛みを感じ出しました。乳頭炎でした。

ミルクは全くあげていなかったので、すでに赤ちゃんは哺乳瓶を受け付けず、粉ミルクは飲みませんでした。

でも、乳頭の痛みはひどく、母が乳頭をカバーして母乳を吸えるニップルガードを買って来てくれました。

これを使うと痛みが軽減され、母乳をあげる事ができました。

そのうち乳頭炎は治りましたが、今度は乳腺炎になりました。

激痛がする乳腺マッサージを受け、どうにか落ち着きました。

母乳育児につきものと言われる乳頭炎と乳腺炎。

薬は飲めない時期でもあり、痛みが治るまで大変でした。

母乳は出ても、時には哺乳瓶でミルクをあがるようにしておけば良かったと反省しました。

母乳だけだと、常に赤ちゃんと一緒にいなくてはなりません。

哺乳瓶に慣れさせておかないと、他の人に預ける事が出来ません。

また、乳腺炎などになった時も、大変なことになります。

これから母乳育児を考えている方は、たくさん母乳が出ているから粉ミルクは不要と思わず、哺乳瓶でミルクにも慣れさせておくことをお勧めします。

母乳で育てることは新しい発見の連続

母乳育児ははじめこそたどたどしいですが人間慣れてくるとコツがわかり、あぁこうすればいいんだ。

という授乳の攻略ができるようになります。

ただ、それでも自信を持っていた母乳育児も新しい発見があるようです。

そんなこんなこともあるんだという母乳育児の体験談について紹介します。

 

3人目でも新たな発見がある母乳育児

私は3人の子供がいます。
最初の子は、1か月早く産まれてしまい、黄疸もでたため子供だけ1週間ほど入院していました。

母乳はすごくよく出て、自分でも驚くほどでした。ただ、赤ちゃんが入院していたため搾乳をしていたら、いざ退院してきて母乳をあげようと思うと出なくなってしまいました。

やっぱり赤ちゃんが飲んでくれないとダメなんですね。

それに初めての経験で母乳マッサージがうまくいかずに、微熱がでたりおっぱいが痛くなったりと散々でした。

二人目は、予定日近くに産まれたので母乳で育てました。

すごくよく飲んでくれたおかげか、今回はおっぱいが張っていたくなることも少なかったです。

でも、一人目をミルクで育てたためどの位の量を飲んだのか分からなかったので少し不安でした。生後3か月で仕事に復帰したので、それを機にミルクに切り替えました。

三人目は、上の子供たちの面倒もあったので、退院してすぐに家事をやりはじめたら1週間ほどで出なくなってしまいました。やっぱり、産後すぐはゆっくり休んでいなくてはいけないということを身をもって経験しました。

 

ダラダラ続いた母乳育児

まず生まれてすぐ、どのように授乳してよいかわかりませんでした。

赤ちゃんは寝てばかりいるものだと思っていたら、全然寝ない赤ちゃんで、常に縦抱っこにしていないとぐずぐずで、自分が着替える暇もないほどでした。そんな状態なので、母乳が足りていない気がして、最初は混合でしたが、慣れてくるうちに、すごく母乳を飲んでいることがわかってきて、母乳のみになりました。ガンガン母乳を飲むようになると、今度は乳腺炎に悩まされました。桶谷式のマッサージに何度か行きました。

慣れてくると、なんでも母乳で片付くことがわかってきて、しょっちゅう授乳してごまかしていました。

離乳食をあまり食べす、母乳ばかりで心配でしたが、まじめに考えすぎていたと、今となっては思います。欲しがるだけ、あげてよかったんだと思います。素直なよい子に育っています。

自然に卒乳させたかったのですが、2歳すぎまで授乳していて、夜中にダラダラ飲むのがクセになって、私の睡眠不足がひどく、ご飯もよく食べるので、断乳しました。数日欲しがりましたが、乳首にばんそうこうを貼って何とかごまかしました。

私は胸が張って、痛くて冷やしたりしましたが、数日で治まりました。